So-net無料ブログ作成

家政婦の三田 8話 [家政婦のミタ あらすじ 8話]

子供達の健気な働き掛けに少しづつ三田の
心に変化が起きています。


外からは見えないけれど、確実に。

家政婦の三田 8話のあらすじの続きです。




そうした中、怪我をした義之(平泉成)が
病院に運ばれ、恵一は子供たちを
連れて見舞いに行く。

しかし、義之は恵一や子供たちを怒鳴りつけ、
追い返してしまう。

結(忽那汐里)は、なんとか義之と
仲直りさせたいと思っている。

そして、あることを考え、三田に依頼する。

義之の退院祝いを家族ですることになり、
恵一は三田に声をかける。

三田の心を開きたい子供達は懸命に働き掛ける。

希衣から渡されたもなかを噛み締める三田。

何時しか過去を話し始める。

三田の家族はなぜ死んだのか、なぜ感情を無くし、
笑わなくなったのか。



いよいよ核心に入ります。

ここが知りたかったところです。

さあ、早くしてよ!

★「心を開く」に関連する商品を楽天市場で探す★

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。