So-net無料ブログ作成
検索選択
家政婦のミタ あらすじ 6話 ブログトップ

家政婦のミタ あらすじ 第6話 [家政婦のミタ あらすじ 6話]

家政婦のミタは蟻地獄のように
どんどん深みにはまって
いくような展開です。


家族の中から次つぎに重い問題が起きてくる。
結は恋人の拓也を連れて家出を考える。

待ち合わせ場所を決めて家を出たものの、
拓也は来ない。

約束を破った拓也にがっかりした
結は行き詰ってしまう。

結に殺して欲しいと頼まれる三田。
結めがけて刃物を振りかざす。



何もかもいやになった結が死を
望むところまできました。

殺してくれと頼まれた三田が本気で
殺すわけもなく、結をどう落ち着かせるのか、
見ものです。

★家政婦のミタに関連する商品を楽天市場で探す★

家政婦のミタ あらすじ 第6話 [家政婦のミタ あらすじ 6話]

次から次へと問題が出くる阿須田家。
いつになったら、穏やかな阿須田家
に戻れるのか?


子供達の不安は募ります。

さて、第6週のあらすじは・・・




元の阿須田家に戻したいうらら
(相武紗季)は、結と義之が話し
合えるように二人を引きあわせる。

しかし、義之の強引さに結が反発し物別れに。

結は家に帰ると、三田が恵一と
会ってきたことを知る。

自分の知らないところで事を運んだ
翔と海斗にカリカリ。

さらに何のメッセージも送って
来ない恵一にはカッカ。

そこへもってきて、弟たちはこれから
どうするのかと詰め寄って来る始末。

とうとう頭にきた結は言捨てる。
「勝手にすればいい」。



一生懸命やっているのに、うまくいかない。
やることはやったのにうまくいかない。

結も辛い、翔も海斗も辛い。

三田さん頼りの阿須田家って、だれの家?

★家政婦のミタに関連する商品を楽天市場で探す★

家政婦のミタ あらすじ 第6話 [家政婦のミタ あらすじ 6話]

11/13家政婦のミタ あらすじ 第6話
子供だけの家庭に頼りになる三田が一人。

不安だらけの子供達にどう接していくのかな?



翔と海斗の依頼を受け、て勤め先の
恵一に会いにきた三田。

恵一は子供たちを養子にしようとしている
義之は本気であることを知る。

しかし、父親としての自信を失い、さらに
美枝(野波麻帆)を諦めきれないでいる。

そんな恵一には、子供たちに向かって
送りたい言葉は持ち合わせていない。



子供に対する母親の愛情はとても深く感じます。

男も見習いたいものだとつくづく反省します。

母親には男親は勝てない。
申し訳ない!!!子供達。

★家政婦のミタに関連する商品を楽天市場で探す★

家政婦のミタ あらすじ 第6話 [家政婦のミタ あらすじ 6話]

家政婦のミタも深く入ってきました。

家政婦のミタ 第6話はどんな人間模様が
見られるのか?楽しみです。


義之(平泉成)は阿須田家の子供たちを
無理矢理、養子にしようする。

翔(中川大志)と海斗(綾部守人)は
戸惑うばかり。

二人は父・恵一(長谷川博己)に会いに
行こうと結(忽那汐里)に持ちかける。

しかし、結はこれに同意しないばかりか、
もめてしまい、途方に暮れる。

そして、子供たちは三田(松嶋菜々子)
を頼ろうとする。

しかし、「家族の問題に意見を言うつもり
はない」と三田の反応は冷たい。



ドラマは時間の経過とともに、様々な
人間模様が広がって来て、どんどん
面白くなって行きます。

ドラマは広がっていくから、ついつい
見てしまう。

気になるのは当たり前ですね。

★家政婦のミタに関連する商品を楽天市場で探す★
家政婦のミタ あらすじ 6話 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。